桃の節句

 本日3月3日は雛祭りですね。

 「桃の節句」とも呼ばれますが、雛人形を飾り女の子の成長を願いお祝いをする日とされております。

 この日の由来は、中国の「上巳の祓い(じょうしのはらい)」からきていると云われております。魏の時代3月3日に行われていた、川の上流から盃を流し自分の所に着くまでに詩を作るという「曲水の宴」が日本に伝わり、これが基となり「流し雛」になり、その後雛人形を飾る現在の雛祭りに変わってきたと考えられています。


 そもそも節句とは、日本の宮廷で開かれていた「節会」と呼ばれる宴会のうち、節目となる5つを江戸時代に公的な祝日と定めたもので、1月7日人日(じんじつ)、3月3日上巳(じょうし)、5月5日端午(たんご)、7月7日七夕(しちせき)、9月9日重陽(ちょうよう)の各節句があります。そして、それぞれに節句料理というものがあり、最も重要な人日の節句料理が今日では「おせち」を指すようになっているそうですが、「七草粥」としてもその形が残されております。


 雛人形の並び方も変わってきていて、元来日本では左が上の位であるとされていたため、元々は今とは逆で男雛が左(向かって右)に配置されていたそうです。現在でも京都などでは伝統に倣って、向かって右側に男雛を置いているところもあるそうです。

 

 我が国本来の左上位の考え方からしますと、現代ではやはり女性の方が上位なんですね!