昔話に思いをはせて~。

「今は昔、竹取の翁といふ者ありけり ... 竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけて後に竹取るに、節を隔ててよごとに、黄金ある竹を 見つくること重なりぬ・・・。」

昨日テレビで放映されていた「かぐや姫」に影響を受けて、竹取物語の原文を記憶した記憶(?)がよみがえってきました。

というわけで、本日も映画の話をさせていただきます。「かぐや姫」は女性向けの先入観があり、あまり興味がなかったのですが、なんとなく見ていたら、知らない間に見入ってしまいました。高畑勲監督作品だけあって、自己満足の極みを感じました。なんでも極めることはすごいことです。

脱線しましたが、竹取物語は日本最古の物語といいます。日本最古といえば、諏訪大社は日本最古の神社のひとつに数えられています。諏訪大社本宮を調べるほど昔話や神話の世界も知り、この年でも新しい発見のあることが楽しく思っています。