2015年

4月

13日

諏訪大社上社本宮のお話

諏訪大社上社本宮は、日本一の末社数を誇る諏訪神社の総本社です。諏訪大社について調べれば調べるほど、地元諏訪に生まれながらにしても知らないことばかりということに気づかされております。いくつになっても勉強できることは、うれしいことです。私ごとの感想はさておき・・・。

諏訪大社上社本宮の境内には「大欅」(おおけやき)があります。樹齢は約千年といわれ、年月も感じつつも生命力を感じるようです。私個人的にはスピリチュアルには疎いのですが・・・。

大欅は、諏訪大社境内最古の樹木のひとつで、古くは、贄(にえ/神に供えるささげ物)を掛けて祈願をしたことから、「贄掛けの欅」とよばれていたといいます。諏訪大社上社本宮に参拝の際には、ぜひ大欅もご覧ください。